エコフィール 導入支援補助金制度のご紹介 平成21年度住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業費補助金制度(高効率給湯器導入支援事業)

補助金制度について
潜熱回収型給湯器について
湯カバ教授の湯ごこちゼミナール
自立防災型高効率給湯器 25年度

Q&A

補助制度について 質問一覧

補助制度について Q&A

Q1 申込みをするだけで補助金が受けられるのですか?
答え 申込みだけでは補助金は受けられません。設置工事が完了し、かつ機器費等の支払いが済んだら、補助金交付申請書と必要な添付書類を提出して下さい。審査を行い、適正と認められたものには、補助金交付決定通知書をお送りします。その後、確定検査を行い、補助金交付となります。
Q2 設置工事後の申込みは受付けてもらえますか?
答え 申込みを受付け出来ません。この補助制度では、申込受理後の着工が条件となっています。このため、工事後の申込みは受付けできません。補助金を申込む際は、必ず設置工事着工前に申込書を当連盟に提出し、受理通知書を受けてから工事を着工して下さい。
Q3 市区町村からの補助金を受けていても申込めますか?
答え 市区町村独自の予算で補助金が、エコフィールに対して出ているならば申込めます。詳しくは、補助制度を実施している各自治体に直接ご確認下さい。
Q4 エコフィールをリース契約で設置する予定ですが、補助金交付の対象となりますか?
答え リース期間が6年以上であれば、補助金交付対象となります。この場合は、補助対象エコフィールの所有権者(リース事業者)と リース契約者の共同申請となり、別途必要な添付書類があります。詳しくは補助金申込書(リース)についてをご覧下さい。
Q5 二世帯住宅で、エコフィールを2台取付けたいのですが、2台とも補助金の申込みはできますか?
答え 2台とも申込みできます。ただし、機種が異なる場合は申込書を分けて提出して下さい。
Q6 補助金はいくらもらえますか?
答え 機器費(本体購入費用)補助として1台あたり20,000円が支給されます。
ただし、機器費(リモコンを除く本体購入費用消費税除き)が従来機器の
基準額105,000円(消費税除き)以下の場合は、補助金は支給されません。
平成22年度より特殊工事費分の補助は、廃止されました。
Q7 補助金交付申請書の締切日までに書類提出が間に合わない場合、提出期日の延期はできますか?
第1期提出期限:平成22年8月31日(火)
第2期提出期限:平成22年11月30日(火)
答え 提出期日の延期はできません。締切日までに書類提出が間に合わなかった場合は、自動的に補助金を受ける権利を失います。
Q8 受理通知書と交付申請書を手続代行者宛に送付してもらうことはできますか?
答え できません。住所確認の意味もあり、受理通知書等は申請者の現住所宛に送付します。
Q9 建売住宅にエコフィールを設置する場合も申込めますか?
答え 使用者の決まっていない建売住宅の場合は申込めません。使用者の決まっていない分譲集合住宅についても申込めません。
Q10 給湯器本体価格とはなんのことですか?
答え リモコン等の付属部品を除いた給湯器本体のみの価格を言います。
補助金申込書、交付申請書の機器費の欄には消費税を除いた給湯器本体価格を記入してください。

申込書について 質問一覧

Q1.  補助事業の申込書類(様式)は、どこから入手することができるのですか?
Q2.  補助事業への申込方法はどこで解説していますか。
Q3.  補助事業広報用のパンフレットはありますか?
Q4.  補助金申込みから受理通知書の到着まではどの程度時間がかかりますか?
Q5.  LPガスの高効率給湯器補助制度の書式で申込書を作成しました。受付けてもらえますか?
Q6.  個人情報保護のため、電話番号を記入したくありません。記入しなくても良いですか?
Q7.  機器名は、指定されている通りに書かなくても受付けてもらえますか?
Q8.  一軒に2台以上のエコフィールを設置する場合は、申込書が台数分必要ですか?
Q9.  FAXで申込書の受理はしてもらえますか?
Q10.  エコフィールが故障したので買換えようとする方を何日も待たせることはできないので、早く事務処理を行う方法はありませんか?
Q11.  事前内容確認FAXサービスで書類に間違いが無ければ、仮登録等はしてもらえるのですか?
Q12.  申込みが受理されたかどうかは、どうやって確認したらいいですか?
Q13.  申込みが受理された後に、取下げることはできますか?
Q14.  補助金申込みの締切りはいつですか?
Q15.  手続代行を依頼する場合は、機器供給事業者との連名での申込が必要ですか?

申込書について Q&A

Q1 補助事業の申込書類(様式)は、どこから入手することができるのですか?
答え 本ホームページの「手続資料一覧」からダウンロードできます。「補助金申込書作成システム」でも作成することができます。
その他、公募説明会等で入手可能な公募説明資料からコピーすることもできます。当連盟にお問い合わせいただければ、FAXで様式を送付しますので、受信ヘッダー部分を修正液で消してからコピーをした申込書を使用して下さい。
Q2 補助事業への申込方法はどこで解説していますか?
答え 本ホームページの「補助金申請方法」および「手続きに係る詳細」のページをご覧下さい。
Q3 補助事業広報用のパンフレットはありますか?
答え 事業広報用のパンフレットを部数の許す範囲で、希望される方にご提供する予定です。但し、送料はご希望者に負担していただきます。
希望される部数が多い場合は、無償提供できない場合があります。エコフィール販売事業者の方等が大量に希望される場合は、作成費をご負担いただければ必要部数をご手配いたします。
Q4 補助金申込みから受理通知書の到着まではどの程度時間がかかりますか?
答え 補助金申込書の記載内容に誤りが無ければ、速やかに受理通知書を郵送するように努力します。事務処理、郵送に要する時間がありますので、設置工事着工前に余裕を持って申込みをされることをお勧めします。
Q5 LPガスの高効率給湯器補助制度の書式で申込書を作成しました。受付けてもらえますか?
答え 受付けることはできません。様式は、経済産業大臣承認のため、当連盟が指定した書類(石油を燃料とする潜熱回収型給湯器専用)以外は、認められません。
Q6 個人情報保護のため、電話番号を記入したくありません。記入しなくても良いですか?
答え 規定の書式に記入欄がありますので、電話番号は必須となっています。携帯電話番号又は職場の電話番号でも、申請者本人に連絡の取れる番号をご記入下さい。
(個人情報をこの補助事業以外の目的で使用することはありません。)
Q7 機器名は、指定されている通りに書かなくても受付けてもらえますか?
答え 指定機器一覧表に掲載されている通りに、ご記入下さい。アルファベットの大文字・小文字、ハイフン、数字等にもご注意下さい。
Q8 一軒に2台以上のエコフィールを設置する場合は、申込書が台数分必要ですか?
答え 申請者が同じで、機種も同じであれば申込書は1通で構いません。申請者が同じでも異なる機種を設置する場合は、別々の申込書でお申込み下さい。
Q9 FAXで申込書の受理はしてもらえますか?
答え できません。当連盟ではFAXによる事前内容確認サービスを行っていますが、これは申込手続きをスムーズに行うために、記入内容の不備の有無を、送付前に確認するものです。不備のない書類の原本が当連盟に到着した日をもって、受理日とします。
Q10 エコフィールが故障したので買換えようとする方を何日も待たせることはできないので、早く事務処理を行う方法はありませんか?
答え 事務作業の効率化を進めるため、事前内容確認FAXサービスを実施しています。
補助金申込書を当連盟にFAX送信いただき、内容を確認し、修正箇所の有無に関わらず電話連絡します。修正箇所がある場合はその旨を連絡しますので、確認後または修正後に原本を送付して下さい。修正がある場合、郵送等のやり取りに要する時間の節約になります。
FAXによる事前確認は、あくまでも修正等による手続き上の時間的ロスを少なくするためのサービスですので、正式な申込みには申込書(原本)を送付いただく必要があります。
Q11 事前内容確認FAXサービスで書類に間違いが無ければ、仮登録等はしてもらえるのですか?
答え 事前内容確認FAXサービスは、あくまでも申請手続きの時間的ロスを減らすためのサービスですので、FAXの内容に間違いが無い場合でも、補助金申込みを受理することはできません。必ず原本を送付して下さい。
Q12 申込みが受理されたかどうかは、どうやって確認したらいいですか?
答え 当連盟より申請者の現住所宛に受理通知書を郵送いたします。受理通知書の日付(不備のない申込書が当連盟に届き、受理された日)が受理日となります。
事務処理件数が膨大であること、また、個人情報に係る事故を防止する点からも、メールによる通知は行いません。
Q13 申込みが受理された後に、取下げることはできますか?
答え この補助金は、申込金額の合計が予算に達し次第締切りとなるものです。補助対象エコフィールを購入することが確定してから、申込んで下さい。やむを得ない事情で申込みを取下げる場合は、補助金申込取下げ届に記入・捺印の上、速やかに当連盟にご提出下さい。
Q14 補助金申込みの締切りはいつですか?
答え 第1期の募集締切り:平成22年6月30日(水)
第2期の募集締切り:平成22年9月30日(木)
それ以前でも、補助金申込額の合計が予算に達した時点で募集を終了します。
終了日に到着したものについては、厳正な抽選により申込者を選定します。
Q15 手続代行を依頼する場合は、機器供給事業者との連名での申込が必要ですか?
答え はい、機器供給事業者との連名による申込が必要です。
手続代行者が機器供給事業者との連名による申込ができない場合は、申請者ご自身で申込手続きを行って下さい。

機器供給事業者について 質問一覧

機器供給事業者について Q&A

Q1 手続代行者を用いる場合は必ず機器供給事業者との連名で申込・申請することになったのはなぜですか?
答え 設置工事日の改ざんなど不適正な申請事例が発生したため、それらを防止する目的で連名による申込・申請となりました。
Q2 機器供給事業者とは誰のことですか?
答え 申請者にエコフィールを販売した販売事業者の仕入れ先の卸会社(含むメーカー)のことです。
資本関係で販売事業者の親会社であってもエコフィールの商流に関与していない場合は、機器供給事業者にはなりません。
Q3 機器供給事業者の役割はなんですか?
答え 手続代行者の申込・申請内容が適正であるかを確認していただきます。
後日、確認いただいた申込・申請内容に不正等が発見された場合は、手続代行者と共に連帯責任(行政処分等)が課されます。
Q4 エコフィールの卸会社は必ず機器供給事業者にならなければいけないのですか?
答え エコフィールの卸会社が連名による申込・申請を行うかは、各卸会社の任意で判断いただきます。
Q5 手続代行で申込・申請をしたいのですが、機器供給事業者に連名してもらえない場合でも受付けてもらえますか?
答え 受付ません。申込・申請手続きの代行を依頼する場合は、必ず機器供給事業者との連名での申込・申請をお願いします。
Q6 手続代行を依頼する場合、機器供給事業者との連名で申込・申請できない場合は、どうしたらよいですか?
答え 申請者ご本人が申込・申請手続きをしてください。
Q7 手続代行者と機器供給事業者が同じ会社でもいいですか?
答え 不可となります。支店、営業所が違うだけでは機器供給事業者として認められません。
Q8 手続代行者に手続代行を依頼しない場合は、機器供給事業者との連名はいらないのですか?
答え 申請者本人が申込む場合は不要です。(ただし手続代行者を用いない場合は、個人情報保護のため、 販売店、見積書発行社への問合せ連絡等ができませんので、必ず本人に連絡の取れる電話番号を記入して下さい。)
Q9 申込書は、申請者本人が手続をしましたが、交付申請書から手続代行者に手続代行を依頼した場合は、どうしたらよいですか?
答え 交付申請書の手続代行者欄と機器供給事業者欄に必要事項を記入・押印してご提出下さい。この場合は、必ず機器供給事業者との連名で申請して下さい。
Q10 申込書は機器供給事業者と連名で申請しましたが、交付申請書では機器供給事業者との連名で申請しない場合はどうすればよいですか?
答え その旨を当連盟にご連絡してください。申込書の差し替えをお願いします。差し替えのあと、交付申請書を再作成して当連盟より送付いたします。

補助金交付申請について 質問一覧

補助金交付申請について Q&A

Q1 運転免許証の発行日はどのように考えればよいですか?
答え 運転免許証は、交付申請日時点で有効期間内であるものを提出していただきます。
Q2 新築物件にエコフィールを取付けました。しかし、住民票がまだ旧住所のままで、設置先の住所と違います。どうしたらいいですか?
答え 住民票を移した後に申請いただくか、設置場所で自ら使用することが証明できる住所確認書類をご用意下さい。
Q3 口座名義は必ず申請者名義と同じでなければいけないのですか?家族(同居人)の口座に入金はできますか?
答え 口座名義は必ず申請者本人の名義でなければなりません。従いまして、ご家族の口座に振込むこともできません。
Q4 法人申請ですが、代表者の個人口座に入金してもらうことはできますか?
答え 申請者が法人の場合は、法人名義の口座にしか振込みできません。
Q5 申請書に印字されている内容は訂正印で訂正できますか?
答え 申請書の印字部分は、登録された内容ですので訂正はできません。印字部分が申込書の内容と違っていた場合は、速やかに当連盟宛にご連絡下さい。
Q6 交付申請書の締切りはいつですか?
答え 交付申請書は、設置工事の完了後30日以内または各期の交付申請書提出期限(第1期:平成22年8月31日(火)第2期:平成22年11月30日(火))のいずれか早い日までに提出しなければなりません。
設置工事が完了したら、機器費および工事費の支払いを済ませ、必要書類を添付して、速やかに提出して下さい。

添付書類について 質問一覧

添付書類について Q&A

Q1 写真はどこまで写っていればいいですか?
答え 補助対象エコフィールが設置されている状態が確認できる程度に、エコフィール全体と背後の壁面が写るように撮影して下さい。
Q2 ドレン配管の写真も必要ですか?
答え 必要ありません。
Q3 2台設置する場合は、保証書のコピーは2台分必要ですか?
答え 保証書のコピーは、台数分添付していただく必要があります。
Q4 保証書にお客様名・住所記入欄がない場合はどうすればいいですか?
答え 保証書の余白にお客様名と住所を記入して下さい。
Q5 保証書に機種名の記載が無い場合はどうすればいいですか?
答え 機種の掲載されているページのコピーも提出して下さい。
Q6 扱者印はサインでもいいですか?
答え サインは認められません。
担当者印または販売店印を押印してくだい。
Q7 住民票はコピーを提出しても良いのですか?
答え コピー、原本どちらでも認められます。
Q8 住所が確認できる書類は、住民票や運転免許証の他にどのようなものが認められますか?
答え こちらクリックして、具体例をご覧下さい。
Q9 諸事情により住所が確認できる書類を提出できないのですが、どうしたらいいですか?
答え 住所が確認できる書類の提出は、業務方法書に定められている申請の要件ですので、提出できない場合は補助金を受けることはできません。

印鑑について 質問一覧

印鑑について Q&A

Q1 申請者の印鑑は実印でなくてもいいのですか?
答え 実印でなくても、認印で構いません。ただし、浸透印(シャチハタなど)は不可です。
Q2 法人の印鑑は、登録印でなければいけませんか?
答え 法人登録印ではなく、社印でも構いません。ただし支店長等の個人印は不可です。
Q3 手続代行者印、機器供給事業者印は代表者印でも構いませんか?
答え 代表者印ではなく社印を押印して下さい。
Q4 手続代行者印、機器供給事業者印は担当者印でも構いませんか?
答え 担当者印ではなく社印を押印して下さい。
Q5 社印がない場合はどうすればよろしいでしょうか?(個人商店など)
答え 店の印として使っている印を押印して下さい。社印がないか確認させていただく場合があります。

訂正・修正方法について 質問一覧

訂正・修正方法について Q&A

Q1 訂正印はどの印鑑を押せばよいのですか?
答え 訂正印は、その書類に捺印した申請者の印鑑か手続代行者または機器供給事業者の印鑑で押印して下さい。
ただし、訂正の内容によってはその書類に押印した申請者印のみ、または手続代行者印、機器供給事業者印のみでしか訂正できない箇所もあります。詳しくは、当連盟にお問い合わせ下さい。
Q2 訂正の仕方はどのようにすればよいですか?
答え 訂正箇所に二重線を引き、訂正した内容を記入の上、二重線上に申請者印または手続代行者印または機器供給事業者印を押印して下さい。
Q3 手続代行者の担当者の訂正印で訂正しても構いませんか?
答え 担当者印では訂正できません。訂正は申請者印または手続代行者印または機器供給事業者印で訂正して下さい。
Q4 書類の訂正に修正液(テープ)は使用できないのですか?
答え できません。修正液(テープ)使用の書類は無効となります。

設置工事完了確認書について 質問一覧

設置工事完了確認書について Q&A

Q1 設置工事完了確認書がきましたが、これはなんですか?
答え 手続代行者に申請手続きの代行を依頼した場合、申請者本人に申請内容を再確認するためのものです。必ず申請者本人が記入の上、石油連盟に提出して下さい。
Q2 手続代行者に代行を依頼していない場合も提出が必要ですか?
答え 手続代行者に手続代行を依頼していない場合は、設置工事完了確認書の提出は不要です。
Q3 設置工事完了確認書はいつ出すのですか?
答え 交付申請書が受理された後、石油連盟から申請者宛に設置工事完了確認書を書留で送付します。
提出期限は次の通りです。
第1期:設置工事完了確認書受領後10日以内または平成22年9月10日(金)のいずれか早い日
第2期:設置工事完了確認書受領後10日以内または平成22年12月10日(金)のいずれか早い日
Q4 設置工事完了確認書は絶対に提出しなければいけないのですか?
答え 設置工事完了確認書は補助金交付の要件ですので必ず提出して下さい。提出いただけない場合は交付申請書の提出があっても補助金を交付致しません(補助金を受取る権利を失います)のでご注意下さい。
Q5 設置工事完了確認書の記載内容と交付申請書の記載内容が異なっている場合は、どうなるのですか?
答え 設置工事完了報告書の記載内容と交付申請書の記載内容が異なる場合は、補助金を交付できません。

その他 質問一覧

Q1.  市町村合併、行政区画変更等により町名や番地が変わり、運転免許証の住所表示と違っている場合は、どうすればいいですか?
Q2.  申請者が死亡した場合の手続きについて教えて下さい。
Q3.  申請者以外の家族の口座に補助金を振り込むことはできますか?
Q4.  2年前に補助金を受けましたが、補助対象給湯器を取り外す予定です。その場合、補助金は返還しなければなりませんか?
Q5.  補助金交付申請書(または、受理通知書)を紛失してしまいました。
Q6.  送った書類が到着したかどうかを確認したいのですが。
Q7.  送った書類を返却して欲しいのですが。
Q8.  手続代行者とは何をする者ですか?
Q9.  受理通知書と交付申請書を、手続代行者に送付することはできませんか?
Q10.  現地確認調査は、すべての交付決定者を対象に実施するのですか?
Q11.  受理通知書等に書かれている業務方法書とはなんですか?
Q12.  提出した書類の内容を確認したいのですが、電話で確認できますか?
Q13.  申込みした内容は変更できますか?
Q14.  申込んだ機種を変更できますか?
Q15.  設置工事の着工が、申込時の着工予定日より遅れるのですが。
Q16.  申請書類は、石油連盟へどのように送付するのですか?
Q17.  補助対象機器の指定は、その機器の性能を保証するものですか?
Q18.  補助金は、確定申告の際、課税対象になるのですか?
Q19.  申請手続きに不正があった場合、処罰されますか?

その他 Q&A

Q1 市町村合併、行政区画変更等により町名や番地が変わり、運転免許証の住所表示と違っている場合は、どうすればいいですか?
答え 運転免許証の住所と、現在の住所が同一場所であることがわからない場合(番地などが全く違う場合など)は、他の証明書を用意するか、表記変更のあった旨の証明書もあわせて提出して下さい。
Q2 申請者が死亡した場合の手続きについて教えて下さい。
答え 交付申請後に申請者が死亡された場合、補助金対象給湯器を設置した住所に同居する相続人であれば、事業継承承認申請をすることができます。詳細については、当連盟にお問い合わせ下さい。
Q3 申請者以外の家族の口座に補助金を振り込むことはできますか?
答え 補助金は申請者本人の口座にしか振り込めません。
Q4 2年前に補助金を受けましたが、補助対象給湯器を取り外す予定です。その場合、補助金は返還しなければなりませんか?
答え 法定耐用年数(6年)以内に取り外す場合は、財産処分承認申請書を提出して下さい。状況により補助金返還となる場合があります。詳細については、当連盟からの指示に従って下さい。
Q5 補助金交付申請書(または、受理通知書)を紛失してしまいました。
答え 再発行願に記入・捺印の上、当連盟に提出して下さい。再発行いたします。
Q6 送った書類が到着したかどうかを確認したいのですが。
答え 業務処理の都合上、状況によってはお受けできませんので、配達の記録が残る方法で送付して下さい。
Q7 送った書類を返却して欲しいのですが。
答え 提出書類は返却しませんので、必ず提出前にコピーをとっておいて下さい。また、申込みを受理しなかった場合、申請を取下げた場合も申請書類は返却しませんのでご注意下さい。(個人情報をこの補助事業以外の目的で使用することはありません。)
Q8 手続代行者とは何をする者ですか?
答え 手続代行者とは、申請者からの依頼を受けて、書類の作成や提出等、補助金申請に係わる手続きを申請者に代わって行う者で、補助対象給湯器の販売者等がなれます。当連盟からの問い合わせは手続代行者あてに行います。申請者の個人情報の取扱いには十分注意して下さい。(業務方法書第17条)また、石連からの受理通知書等は、申請者宛に送付されますので、手続代行者と申請者は適宜連絡を取り合い、手続きを進める必要があります。
Q9 受理通知書と交付申請書を、手続代行者に送付することはできませんか?
答え 国が定めた業務方法書で補助金の交付対象者である申請者ご本人に送付することになっています。個人情報保護の観点からも申請者の住所等の確認、不正等を防止する点からも申請者の方に送付させていただきます。
Q10 現地確認調査は、すべての交付決定者を対象に実施するのですか?
答え サンプル調査とする予定です。現地確認調査では、申請者および手続代行者の方に立会いをお願いします。また、手続代行者(機器販売店等)の方には、代金の領収関係証憑を併せて確認させていただきますので、ご協力をお願いします。
Q11 受理通知書等に書かれている業務方法書とはなんですか?
答え 業務方法書とは、当連盟が国からの委託を受けて補助金事業を実施するにあたり、その手続き等を定め、経済産業大臣の承認を受けたものです。また、更に詳細な内容について、当連盟は業務細則を定めています。
Q12 提出した書類の内容を確認したいのですが、電話で確認できますか?
答え 電話でのお問い合わせには、お答えできません。お問い合わせがあった場合は、石油連盟より申請者または手続代行者が申請した連絡先に、相手を確認して連絡します。
Q13 申込んだ内容は変更できますか?
答え 申請者や設置先住所の変更は認められておりません。当連盟に連絡の上、再度、申込んで下さい。
Q14 申込んだ機種を変更できますか?
答え 給湯器の機種が変更になる場合は、申込書の差し替えをお願いします。ただし、申込日時点で機器指定されていない機種への変更の場合は、事前に計画変更承認申請書(様式第3)を提出して下さい。
Q15 設置工事の着工が、申込時の着工予定日より遅れるのですが。
答え 第1期に補助金申込受理通知書を受けた申請者は平成22年8月31日(火)までに、第2期に補助金申込受理通知書を受けた申請者は平成22年11月30日(火)までに、工事及び支払いが完了し交付申請できる場合は、申込書の着工予定日より遅れても、特に手続きは必要ありませんが、原則、遅れないように着工して下さい。
Q16 申請書類は、石油連盟へどのように送付するのですか?
答え 郵送、宅配、または直接持参いただくことができます。
郵送の場合は、郵送事故を防止するため、配達記録での郵送を奨励します。(そのための料金は、申請者ご負担となります。)郵送事故等による申請書等の紛失について、当連盟は責任を負いかねます。
Q17 補助対象機器の指定は、その機器の性能を保証するものですか?
答え 機器の指定は、補助金交付対象となる給湯器を指定するためのもので、個別の給湯器の性能を保証するものではありません。
Q18 補助金は、確定申告の際、課税対象になるのですか?
答え 法人は課税対象です。雑所得の扱いとなります。個人の場合は、最寄の税務署にお尋ね下さい。
Q19 申請手続きに不正があった場合、処罰されますか。
答え 申請手続きで不正等が行われた場合、既に補助金が支払われている場合は、期限を付して補助金を返還していただきます。補助金支払いの日から納付の日まで年利10.95パーセントの加算金を合わせて徴収します。
納期までに納付されない場合には、さらに未納の係る金額に年利10.95パーセントの割合で計算した延滞金を加算して徴収し、さらに行政処分が科されます。
補助金を不正受給した場合は、補助金適正化法等により処罰されることがありますのでご注意下さい。